調査研究


どんな人が研究しているの?

平石界

世の中には、実にいろいろな人がいます。人付き合いが好きな人、嫌いな人。整理整頓が得意な人、苦手な人。

一見すると、人付き合いが良い方が、人付き合いが苦手なことよりも”よさそう”です。整理整頓が苦手なのよりは、得意な方が”よさそう”でもあります。それならなぜ、世の中は、人付き合いが好きで整理整頓の得意な人ばかりになったりしないのでしょうか?

時には理不尽にも思える「個人のちがい」が、なぜ存在するのでしょう。そこに何か意味はあるのでしょうか。ふたごの皆さまにご協力いただいたデータを眺めながら考えています。

プロフィール

平石 界(ひらいし かい)
ふたごラボ・研究スタッフ
安田女子大学心理学部講師
専門:進化心理学

略歴

1997年 東京大学教養学部卒
2001年 東京大学大学院総合文化研究科博士課程退学
2001年 東京大学社会情報研究所助手
2004年 東京大学大学院総合文化研究科助手
2008年 京都大学こころの未来研究センター助教
2012年より 安田女子大学心理学部講師

他、東京女子大学、聖心女子大学、白百合女子大学、慶應義塾大学、千葉大学、立教大学、佛教大学にて非常勤講師

1998年の「慶應双生児研究プロジェクト」発足時より、双生児研究に参加。

ページの先頭に戻る