アンケート

このアンケートについて

パーソナリティ・テストTCIの紹介

TCI(Temperament and Character Inventory)は、「気質」と「性格」からなる7つのパーソナリティ特性を測定するために開発された質問紙です。アメリカ・ワシントン大学のクロニンジャー教授によって開発され、世界中でパーソナリティの研究のために用いられています。クロニンジャー教授によると、パーソナリティには「気質」と「性格」の2つの側面があり、これらの組合せによって、個人ひとりひとりのユニークな人柄が表わされると考えられています。

「気質」とは、体験したことに対する自動的、感情的な反応で、一生を通じて安定している特徴です。「気質」には、「新奇性探求」、「損害回避」、「報酬依存」、「固執」の4つの次元があります。「新奇性探求」は、車に例えるとアクセルにあたり、「損害回避」は、車に例えるとブレーキにあたります。「報酬依存」は、多くの人が好きかどうか、「固執」は、ひとつのことをずっと続けるかどうか、に関わる個人差です。

「性格」とは、目標や価値についての自己概念や個人差を表し、人生で経験する重要な局面において影響を与えると考えられています。「性格」は、人の発達によって成長すると考えられていて、「自己志向」、「協調性」、「自己超越性」の3つの次元があります。「自己志向」は、個人内での成長、「協調性」は、社会内での成長、「自己超越性」はスピリチュアルなレベルでの成長を想定しています。

これらの「気質」と「性格」の次元は、他の多くの心理学的特徴と同様に、遺伝の影響も受けることが確認されており、遺伝子レベルでの研究も盛んに行われています。しかし、特に「性格」は成長、変容することが期待できるので、このテストの結果を踏まえて、自らを振り返り、何らかの気づきを持つことができれば、その後の人生に影響を与えられると考えられます。このテストは、私たち自身が、どのような状況でストレスを感じやすいのか、どのようにしたら幸福を感じやすいのかを確認し、自己の洞察をより深めることを目指しているのです。

このパーソナリティ・テストを受けて頂いた方には、パーソナリティ・テストの詳細な結果をフィードバックさせて頂きます。別紙にて、フィードバックの例をご覧頂けます。本来は有償ですが、調査にご協力頂いた方には、無償でご提供させて頂きます。なお、もし記入漏れがあると正確なフィードバックができなくなるのでご注意ください。

もし、フィードバックにご関心がある場合には、テスト終了後、データをご自身のパソコンに保存してから、TCI管理会社(HCC)のサイトにデータを送信して頂くことになります。皆さまの個人情報を守るため、データの送信は皆さまご自身にお任せ致したくお願い致します。HCCには、匿名のデータを送信して頂くことになるので、皆さまの個人情報は守られますので、ご安心ください。

アンケートの進め方

このアンケートでは、はじめにパーソナリティ調査にご回答いただきます。

回答後、詳しいパーソナリティの分析を受けたい方は、回答登録の終了ページから、エクセルファイルをダウンロードし、リンクされているHCC社のサイトにて、分析サービスをご利用下さい。

なお、必ず以下の、調査の目的、データの扱い方などの説明を良くお読みいただき、同意の上で、調査にご参加下さい。

何が目的なの?

パーソナリティ調査では、ひとりひとりのパーソナリティ(気質や性格)が、環境や遺伝によってどのように影響を受けるのかを調べることを目的としています。

個人情報が漏れることはないの?

調査は完全な匿名で行われ、他の調査参加者に、あなたの氏名や住所などの個人情報が伝わることは一切ありません。データ解析も、あなたの氏名と住所の個人情報を含めない匿名の状態で行われます。研究結果発表に際しましても、個人のデータが特定される形で公表されることはいっさいありません。

調査での回答はすべてSSLという暗号化技術を用いて送信します。

途中でやめることはできるの?

調査への参加に、いっさいの強制はありません。参加をしないことで、あなたの不利益になるようなことはいっさいありません。いったん参加に同意した後でも、あなたが不利益を被ることなく、いつでも参加を止めることができます。

参加することで何か利益があるの?不利益はあるの?

パーソナリティ調査の結果のあなたの個人的な結果についてフィードバックを受けることができるという利益があります。基本的には有償のサービスですが、本調査にご協力頂けた方には無償でおひとりおひとりの結果をフィードバックさせて頂きます。

また、この調査を通じて、パーソナリティにどのような遺伝と環境の影響があるか明らかになり、その成果が社会に還元されることで、よりよい社会生活を行うためのヒントが得られる可能性があります(もちろんご参加いただかない場合でも、この可能性は同じです)。

ご参加いただくことでの不利益は原則ないと考えられますが、長時間パソコン画面に向かうことで苦痛を感じられたり、個人情報をインターネット上で送信することに不安感など持たれたりすることもあるかと思います。インターネット上での情報の送受信には、SSLという暗号化をしておりますが、もしも不安を感じられた場合は、「ふたごラボ」研究責任者である、安藤寿康か木島伸彦までご連絡下さい

アンケートに参加する

以上の「アンケート」への参加に関する説明をご理解いただき、当アンケートに参加し、ご自身のデータを提供することに同意しても良いとお考えの場合には、下の「同意」ボタンをクリックすることにより、同意の表明をお願いいたします。

新規ふたご登録

パーソナリティ調査は、終了しました。上の「同意」ボタンは無効となっています。

調査結果について、慶應義塾双生児研究のホームページにて、順次ご報告する予定です。

※本研究は平成23年度科学研究費補助金を受けて行われました。

責任者
慶應義塾大学文学部教授 安藤寿康
慶應義塾大学日吉心理学教室准教授 木島伸彦
京都大学こころの未来研究センター助教 平石界
お問い合わせ先
慶應義塾大学文学部内 ふたごラボ
futago-lab@kts.keio.ac.jp

平成23年9月10日
ふたごラボ

ページの先頭に戻る